ついにこの日がやってきた!

2013年4月4日木曜日

道場開きのこの日がついに、ついにやってきた。

朝、前日からの掃除もきりがないのでこの辺にして(人が来るとなると必死で掃除する)、稽古会の準備(ハンコとか朱肉とか封筒とか申込書のコピーとか打ち上げのワインとかの買い出しとか)のため、自転車を漕いでゴー。

なんといういいお天気。さわやかな風が吹いて、気持ちいいことこの上ない。

自転車をぐんぐん漕ぐ。なんせ今日は忙しいのだ。気持ちいい日だなぁ、こんな日に道場開きができるなんて、私にしてはめちゃめちゃ上出来じゃないか、などと思いながら、信号待ちで空を見上げているうちになんだか泣けてきた。

三段の審査の時のこと、道場をやろうと決めた日から今日まで、喜んでくれたり、励まし助けてくれたいろんな人たちの顔が浮かんできて、涙が・・。コピー屋のおねえさんも怪訝な顔してたな。

うちに戻り、たくさん来ているおめでとうツイッターやメールに返信して、会員証にハンコ押したり、今日の取り手は何にしようかなんて考えているうち、時間がきた。いざ出陣!

30分前に着くとすでにさもちゃんが来てくれている。さすがこの人はいつも頼りになる。

わらわらと甲南や体験希望の人が集まってきて、倉庫から畳を降ろして敷き始める。一人では1時間かかっても敷ききれなかった70枚の畳を、なんと15分で敷き終わってしまった!

甲南から30人ものメンバーがお祝いに駆けつけてくれて、体験稽古や見学希望者が20人近く、畳の上には総勢45人!いやもう普通の凱風館のお稽古じゃないですか。

簡単に道場開きのご挨拶を述べて、初稽古はスタートした。

体操、呼吸法(とり船は省略)、六方向の転換のうち1番と4番のみ、逆半身片手取りから歩み足で後ろへ抜ける、簡単な後ろ受け身の練習、で、逆半身方手取入り身投げ。つづけて、手を取らない四方投げ、手を取って四方投げ。

4人の掛り稽古にしたら、甲南3人にちょうど一人づつ体験の人が入って、熱心に教えてくれている。体験稽古は初めてなのに何だかみなさん動きがいい、できている!

オーカワ君が稽古前にそばにきて、「初体験の人は合気道ってどんなんか知らないから、道場開き記念に演武したらどうですか?」と言う。考えてもなかったけど、はるちゃんもそれがいいというので、えぐっち、途中から来た健策さん、はるちゃんと私で最後に演武することになった。4人で5分くらい。楽しかった!ありがとうオーカワくん。

あっという間に稽古会は終わり、またみんなで畳をしまい、掃除してわたわたと体育館を出て、全員で我が家へゴー。付いてきてくださーい、と言ったものの、振り返るとものすごい人数、うちに全員入るやろか、入りきらなかったら横の公園で急きょ花見か?!などと心配したけど、なんとか全員入りましたよこれが。うわぁ、40人くらい入っただろうか。御影の内田先生んちの宴会を思い出す。

谷口・谷尾・高取さんたち大阪勤労者の会のメンバーやシンペー君も忙しい中、打ち上げに駆けつけてくれた。夫は先に帰って猫のトイレを掃除して(猫はすでに雲隠れ)スタンバイ。全員でかんぱーい!怒涛の宴は大盛況の中深まっていったのでした。

あー楽しかった。気持ちよかった。みんなありがとう。私にしては上出来すぎです。

そして、これからが大事であります。

合気道家としてはもちろんまだまだ未熟で修行途上の私に、合気道を習いたいと言ってくださるこの人たちに合気道の面白さをちゃんと伝えるために、また来たいといってくれる兄弟姉妹弟子のみなさんと稽古を続けるために、ますます気を引き締めて稽古し精進せねばなりません。まだまだ勉強は足りないのであります。

とにかく最初の第一歩を踏み出した。サイは投げられもう退路はない。けど気負わないでやれることを精一杯やろう。

「苦しいことも悲しいこともあるでしょうけど『泣くのはいやだ、笑っちゃお』でいきましょう」(内田先生) はいっ

2013-04-04 清道館 稽古開き 集合写真

2013-04-04 清道館 稽古開き 集合写真