5/14 稽古日誌

5/14(火) 2名+甲南からM浦くん+体験1名

日曜の晩から風邪が本格化し、月曜の予定を全部キャンセルして一日半寝て復活、いざ。

多田先生の広島の講習会から続く、この感覚を切らさないように伝えていこう。
初心者が3名なので、できるだけ手順を分解してシンプルな動きから。

指導者として皆の前に立つとき、もっと慎重でなければならないと広島で痛感したこと。
基本的な足捌きと基本的な技。これが三昧に至ったときに初めて、どんな技も自由に繰り出すことができる。
大切なのは目新しい技を覚えることでもたくさん繰り出せることもなく、三昧の境地に至る身体と精神、「合気道ができる体と心」を整えていくこと。
多田先生のお言葉は深い。
あくまでも、基本的な技を一つづつ丁寧に。
初心者を指導するときには特にこのことを肝に銘じ、粘り強くやっていこう。

体操
呼吸法(あうんの呼吸、響き・微細な振動を通す)
転換6種のうち、3番、4番。

逆半身入り身から後ろへ抜ける
逆半身方手取り入り身投げ
足の方向転換・体重移動・手の動き・・・守さんの講習会の教え「鼠蹊部をつなぐ四角形」を意識する
逆半身方手取り四方投げ
座技呼吸法