多田塾合宿

2013/10/12~14
今年の多田塾合宿が終了した。

毎年10月群馬県片品村に、全国の多田塾門下総勢170名が、多田先生の元へと熱い思いを抱いて一同に馳せ参じる。
他の多田塾行事とは違い、内田先生の大先輩方が大勢いらっしゃるため、甲南合気会では参加資格の制限を設けるほど、内田先生ご自身も大変気を使われる。多田先生の直弟子である大勢の多田塾諸先生及諸先輩の目が常に光っていて、我々としては楽しみな半面、かなり気を使うことを要請される三日間でもある。
(現に今年も終了後さっそく叔父弟子某大先輩から当会への苦言を頂いた。ご指南ありがとうございます。)

今年の夏はヨーロッパで三週間にわたって毎日、多田先生のご指導を受けた。
以来2か月半ぶりにお会いする多田先生は、夏にも増してさらに気迫に満ち満ちているように感じる。
夏の三週間毎日やった呼吸法もすでに少しアレンジされている。
「また動きに切れが増された」と内田先生が仰るとおり多田先生は、84歳の今もなお日々進化されているのだ。

今回はことに呼吸法と足捌きを、たいへん丁寧に、時間をかけてご指導されたことに深い意味を感じる。
やはり呼吸法と足捌きなのだ。
合気道ができる心と体を作るための、呼吸法と足捌き。

体術の時間は例年より短く、体力的に前ほどハードではなかったが、組む相手によってはたいへん恐ろしいことになる。
「掛り稽古で白帯はまったく相手にされませんでした」と初参加のKちゃんは言っていた。
それはないと思うけど、初めて参加した頃は私も同じことを感じたものだ。
毎回厳しいご指導をくださるS先生も(有難いことである)、初日はニコニコと優しくて、そういうときのS先生は何とも言えずかわいらしく(すみません)、春ちゃんとびっくりしていたら、2日目からはやっぱり怖かった。

楽しくも恐ろしい。それが多田塾合宿。いや、ずっとそうであってほしい。
内田先生が「会えば怒られる先輩」と仰るK先生に、我々弟子を紹介する時の内田先生は、いつになく緊張されがならも大変嬉しそうであった。
私も、先の某先輩やS先生方の厳しい指導は、怖いけど嬉しいのであった。