審査対象者稽古について

審査対象者特別稽古を、1/30(木)夜の二部制の後半に予定しています。

今回、5級の初審査対象になるのは、基本的に、1/30の時点で稽古数(会員証のハンコの数)が25回以上で、2月前半までの稽古数を合わせて30回以上になる人、です。

審査は一次と二次(正審査)の2回になります。
本日以降、30日までの稽古で、皆さんの会員証の数を確認して、井上が一次審査対象者を指名いたします。

一次審査対象者は、2月の中旬までの稽古で来れる日に、井上が一次審査をします。
この一次審査にパスした人に、2月末~3月にかけての、凱風館での内田先生の正審査を、甲南合気会の人と一緒に受けて頂きます。

審査される技は、ざっと以下になります。

1、取り手【両手取り】
①天地投げ ②入り身投げ ③小手返し ④四方投げ ⑤一教(表・裏)

2、取り手【正面打ち】
 ①入り身投げ ②小手返し ③四方投げ ④一教(表・裏) ⑤二教(表・裏) ⑥内回転投げ ⑦天秤投げ

3、取り手【逆半身片手取り】
①入り身投げ ②小手返し ③四方投げ ④一教(表・裏) ⑥内回転投げ

4、取り手【合半身片手取り】
①入り身投げ ②小手返し ③四方投げ ④一教(表・裏) ⑥天秤投げ

特に1の【両手取り】①~④と、2の【正面打ち】の①~④までは必須です。

30日の特別稽古では、これらの技の一部を、稽古する予定です。

ではみなさん、がんばってください。

井上