「Wonder Future」(井上 英作)

「Wonder Future」

2015年5月17日。僕は、NHKの選挙速報を食い入るように見ていた。大阪都構想の住民投票結果が、気になって仕方がなかったからだ。結果は、僕の愛する大阪市が存続する結果となり、僕はそっと胸をなでおろした。これ程、真剣に選挙番組を見たのは、初めてかもしれない。辛うじて日本の民主主義に一筋の光明が見えたような気がした。

大阪都構想の話ではない。僕は、その裏番組「スカパラ ラストライブ」をwowowでずっと見ていた。いいライブだった。そのライブドキュメントの中で、メンバーの一人が言っていた言葉が、印象に残った。

「ここで一旦ケジメを付けておかないと、次がないような気がした。だから、ラストライブという風に名付けた。」

前置きが随分と長くなった。

Asian Kung-Fu Generationの新譜「Wonder Future」が、いい。アルバムには、ギターのリフを全面に押し出した、ハードな「ロック」が詰め込まれている。何よりどの曲も疾走感に充ち溢れている。それらは、およそ、日本の音楽には聞こえない。僕には、中学生の頃テレビで見た、ポリスの京大西部講堂でのライブを想起させる。Asian Kung-Fu Generationは、これまでの、少しポップなギターサウンドを、敢えてかなぐり捨て、彼らの原点(と勝手に想像する)に立ち返ろうとしている。その態度は、先のスカパラのメンバーの発言とも呼応する。それは、一度ここに戻っておかないと、バンドとしての未来がないと腹をくくった、彼らの音楽に対する真摯な態度の決意表明だろうと勝手に想像する。

この新譜には、バラードと呼ばれる楽曲は存在しない。どの曲も、ロックの持つ初期衝動に充ち溢れている。ただ、唯一タイトル曲「Wonder Future」だけが、妙に暗い。今の政治状況を考えるとどうしても、暗い気持ちになってしまうのは、当然のことかもしれない。それでも、僕は明るい未来であってほしいと思う。

今回の「Wonder Future」のアルバムデザインは、真っ白である。このことは、過去を一旦清算し、また、未来もまだ何も見えていないという、彼らの現在の心境を見事に表現したものだと思う。僕たちの未来が、この白いジャケットが、今の季節の新緑のような鮮やかな緑になっていくことを、僕は切に望む。

僕は、毎朝「Wonder Future」を口ずさみながら、ひまわりに水をやっている。

広告