11/11(水)中津

体操・呼吸法
 体操も呼吸です。単なるストレッチではなく、瞑想的に行います。関節を開き、普段使っていない、つまり普段は感覚的に意識に登らない部分の皮膚や筋肉や骨が伸びるので、そこに感覚が発生します。そこに丁寧に気を通していく。そうやっていつもの手順で伸ばしていくと、金魚運動から丹田に気を通す頃には足先から手先まで気が通り、暖かくなっているのが分かります。その全身に充ち満ちた気を中丹田・下丹田に集めます。

剣(杖)を振る ー 後ろに足を揃えて振り下ろす・左右に回しながら(左右の手を持ち替えて)・前後切り・四方切り
 内田先生が剣・杖を振ると樋音がする。刃筋が正確に通り、かつ剣にパワーがあるからだ。驚いたのはイェレナもやはり樋音がしていた。あれを聞いて以来、剣・杖を日常的に振ることの重要性を痛感している。最近大事にしていて、稽古でしつこく言うのは、肩甲骨と肩甲骨の間と背骨を動かすということ。背骨の上下の躍動と、肩甲骨を蝶々の羽のような前後の開きで、剣・杖を振る。腕で振るのではなく、全身で振って、腹で止める。多田先生は止める時に音のない音を聴け、と仰います。つまり剣の振りは瞑想なのです。

足捌き - 4番・6番 
 足捌きを肛門を締めてやると楽です、とアーリンが朝の稽古で言っていたが、その通り。肛門を締めると、足捌きでの全身のブレが少なくなりピタッピタッと止まるのだ。おそらく肛門を締めることで全身が繋がる。上体の力みは取れ、塊としてではなく、しなやかに繋がることで一体となるから、ブレがなくなり、無駄な力の分散が軽減される。結果として力が効率よく通り楽に感じる。これはやってみればすぐ体感できる。

四方向転換

後ろ両手
 抜け方稽古:後ろ手をとらせる→小手返し 後ろ両手の小手返しは下段にくるくると丸めるのにとてもやりよい技。
 抜け方稽古:後ろ手を取らせない→入り身投げ 相手をつつみこみ同化する瞬間を味わえる。玉と玉、シェルとシェルが重なってすれ違う。
 四方投げ:くるくるくるくる。でも前傾しすぎは注意ですね。
 呼吸投げ:両手を抜いて。これも玉ですね。
 入り身投げその2 相手の表に入り身して入り回転をかけて崩す。回転軸をコンパクトに。
 腕がらみ裏
 一教裏・表:時間が無くなり、ちょっと雑になった。反省。

後ろ両手の技は身体を珠のようにつるつると丸くする。ほんとうに珠のように丸く、くるくるする感じがあるのだけど、みんなになかなか伝わらない。初心者には足が難しいけれど、そこを乗り越えたら楽しくて気持ちよい取り手だ。相手との一体感が他の取り手より味わいやすく、受けも取りもその一体感・同化感が気持ち良いのです。後ろ両手、相手と対立したり、力が拮抗しないことを味わえる、よく出来た稽古法です。本来、相手に後ろに回って両手を取られたらそこで死んでいます。が稽古の方便として後ろに回らせる。背中、身体の後ろ側の感度をトップギアにして、後ろの相手を全身で感じる。好きですね、後ろ両手。そういう人、多いと思います。

おっと明日から書くことが無くなって続かないといけないので、この辺にしたいと思います。