12/2(水) 中津

ここのところ、張り切って稽古日誌をがんがん書き過ぎて、「よみましたよ~」「気合い入ってますね!」「勉強になります」などという声をかけて頂いたりする。えーっ、今だけだと思うんですけど!適当なこと書いてるんで真に受けないでください!とか逃げの一手に出たりしているけど、意外とたくさんの人が読んでいる事を知り、いまさらのプレッシャー。なんでもほどほどにしておかないとと思い知る。

体操
骨ストレッチ
呼吸法
養動法
剣を振る

最近は冒頭、この流れで定着した感がある。
だいたいここまでで一時間。
これに足捌きや受け身を入れると、稽古時間の半分が終わり、残り半分では技数がこなせないのが最近の悩みの種。
ま、いいか。

後ろ両手
入り方と抜け方4種 相手を自分から入って背後にアーチで背負い、先の手に抜ける、後の手に抜ける、先の手の脚を前へ出す、後の手の脚を前に出す

多田先生の講習会が近いので、多田先生の後ろ両手の入り方・抜け方に特化。
慣れないので、みんな難しかったと思う。
内田先生の後ろ両手の抜け方としては、これでいうと一番目にあたり、さらに相手が後ろ手を取る前に抜けているのが「もちろん有利(多田先生)」な抜け方だが、多田先生のお稽古ではこの4種類を稽古することが多い。
最初はみんな、混乱している様子。

後ろ両手を稽古するたび、初めて多田塾合宿に行った時のことを鮮明に思い出す。
掛り稽古で、後ろ両手の、確か入り身投げだったと思うが、初の多田塾合宿で張り切りすぎていた私は、前方の多田塾重鎮の方々のグループに無謀にも入り、「これなら知ってる、できるもんね!」とばかりに、いつものように抜けたら、ある上級者の方から「多田先生がやったとおりにやれ!」と怒鳴られた。何が違うのか、当時の私はまったくわからず、ただただびっくりして泣きそうになったことは、今でも忘れられない。後ろ両手の入り方抜け方が、多田塾の他の道場とうちとでは違っていたことは、後で知るのだけど、体が慣れきっていて、両方できるようになるには時間がかかったように思う。同じことが継ぎ足や、三教でもある。どちらがどうということではなく、両方できないとだめだということだ。

というわけで、この入り方抜け方4種で、
入り身投げ上段
小手返し
四方場げ
一教
三教 

三教は多田塾のやり方で。これこそまさに剣の切り、八双からの切り。
腕や手ではない、腰を使う。
剣の握り方がとても重要になる。

さらに、
手を下に向けて抜ける、
上に向けて抜ける、
を、技によって使い分ける。(これも以前、スイスの講習会で多田先生が説明された時はさっぱりわからなかった)

この手をばーっと前に出して抜ける時、大事なのが今日もまた肩甲骨。
「肩甲骨と肩甲骨の間にモーラステープを貼って、伸ばす」んです。
しつこくてすみません。
手が長くなり、胸が落ち、肩が消えて、いわゆる「かつぐ」抜け方にならないと思う。
今日はさらに、クワガタ虫のあのアーチ型の角というか触角というか、あれが開いたり閉じたりする、あの感じ、という飛び道具を出したつもりが、みんな???という顔。イマイチだったかな。クワガタ虫は、松村さんも本の中で説明に使っていたので、もうちょっとメタファーとしての精度を上げていけば使えるはず。

座技呼吸法。終わり
今日は入り方抜け方が難しくて、技の手順と型に執着したお稽古になってしまった。
でも多田先生の講習会前でもあり、大事な稽古だと思って。
それにしても技数が少ない。
時間が足りないなあ。