1/17 阿波座 二部

一部 剣杖
二部 体術

養動法 身体を前後左右・右回り左回りに揺らし、りんの音の微細な振動に同化する
全身の細胞を緩め水の中に解くようにほぐしていく
僅かな入力に反応することができる、細かく「割れた」状態にしていく

剣に気を通す 響きを使う 半分有声半分無声 無声 剣と同化する 甘みが出る 暖かくなる 手の内の触角が変わる 木の温かみと木目を感じる

剣を振る
腕の力、手首の力ではなく身体の張り、肛門の締めて剣を止める。その瞬間、音のない音を聴き無になる。瞑想的に剣を振るということ。三昧境に入っていくこと。禅。

剣を回す 上丹田で。剣の落ちる線、弧を描く線を邪魔しない。

前後切り 剣を身の幅内で回転させる 剣先を回さない 中段、下段

剣で四方切り


杖に気を通す、同化する、自分の身体の一部に
字を書く
杖を振る 中段 左右
回す、持ち替える 上丹田の前で 左右
突き 左右 肘を上げない 軸回転
避ける 左右
下段に振り下ろして大きく回す 左右
一の杖

初心者体験者がいるので少しずつ

一の杖
この型には合気道の大事な身体運用がたくさん含まれている。
体術のアラ、間違った線、身体のゆがみなどが、杖を振れば何倍にもなって顕れる。
杖、剣も同じく、私たちにそれを教えてくれる先生である。@イェレナ

基本の型 合い合わせ
AB 組杖

毎日のように剣・杖を振っていると、日々感覚が変わっていくのを感じます。

二部
後ろ両手

後ろ脚から動いて自分から相手の手をくぐり正面で出会う
この動きがうちはみんな苦手。
稽古不足は私の責任であり反省する。

後ろ手を取らせる
後ろ手を取らせない

小手返し
入り身投げ
四方投げ
回転して落とす

いろいろやってみるが課題満載。
今週は徹底的に後ろ両手をやります。 

広告