4/21(木) 石橋

石橋商店街のアーケードの屋根をたたく大雨。
石橋のクラスを始めて、六月で一年になる。

今日は8人。
このところようやく石橋も安定的に人が集まるようになった。
内田先生によると8という数字がキーワードらしい。
8人いれば稽古が成り立つ。
4人ずつの掛り稽古もできるし、二人ずつ組んでも4組。
少なすぎず多すぎず、石橋北会館の広さに丁度よい。
畳にして35畳ぐらい。
神戸女学院の岡田山ロッジの道場と、広さも、縦横のバランスが同じなので、先生の仰る意味が実感としてよくわかる。

雨の音と、会館の西側を流れる川の音に耳をすませて、安定打坐、稽古が始まる。
ここは本当に「気」の流れがいい。
大きな声を出さなくてもよく通る。
石橋での呼吸法は格別だ。

定番の足捌きは1番、2番A/B、3番Bまで
剣 中段に振る 足を出して切る/引いて切る 
  上丹田で回す 足を出して/引いて どちらも自在にできるように

合半身片手

裏に入る 
下段/上段の入り身に入る脚の稽古
入り身投げ 下段/上段 転換
小手返し 下段
入り身投げ 上段 転換なし

表に入る
上段/下段の入り身表に入る脚の稽古
入り身投げ 下段 表に入り転換なし 足を引く/引かない
一教 上段 

腕がらみ
上段 表に入る/裏に入る 手刀

四方投げ

角落とし 表 上段一教から