3/30(水) 中津 指導:松本

3月30日 稽古日誌
3月30日の代稽古では、普段自分が稽古をしていて「館長の言われていることは、もしかしたら身体のこの部分、この反応を使っているんじゃないかな」と考えていたのを補足(自分の考えと断って)説明しながら行いました。
準備運動後の稽古では、技別にテーマを設定して、そのテーマや技が持っているだろう型の感触がわかりやすい取り手で、稽古しました。
余計なことを言ったかなぁと思い反省するところもありますが、館長のおっしゃっていることを自分でかみ砕き、咀嚼して皆さんに還元しま(と思いたい)した。わたし自身は、代稽古で教えながら館長がそばにいるような感じになり、不思議に身体の動きが洗練された体感があり、楽しく稽古することができました。ただ、3日ぐらい前からかなり緊張していたので、その緊張が皆さんにも伝わって、内容も含めて稽古がつたないものになってはいないかなぁと思っています。
佐藤さん、森川さん、(岸本さんの代稽古は受けていません、すみません)と自分の代稽古を経験して。
三者三様で、それぞれが、それぞれの仕方で清道館の稽古を自分のものにしていることがわかりました。一人一人が違う、多様性。井上館長、弟子達は未熟ながら館長の言葉、身体、呼吸からそれぞれの形で、合気道を身に付けていっています。それは、興味深いと同時に、少しずつではあるがお互いが成長していくことを垣間見られた感動でもありました。
あらためて、井上館長の清道館に入門して、三年間続けてこられたことに感謝いたします。
準備運動
+肩甲骨の連動の実感方法 胸骨・肘と肩甲骨の連動を体感し、肩甲骨の落ちる感覚を「み」てもらう
+足の指のストレッチ
基礎練習
・受け身 前受け身 後ろ受け身
・膝行  前 後ろ 途中回転
・転換の足捌き
・剣の振り +手ではなく足から生えて振る感覚を「み」てもらう +非対称性頸椎反射の説明
1入り身投げ
  ・方手取り ・諸手取り(上段・下段の2種)  +対称性頸椎反射の説明
   「入り身の入りやすさは、起こる前からすでに一体になっているイメージ」
2四方投げ
  ・逆半身  ・横面打ち
   「相手の慣性を回転で活かす」
3一教
  ・立ち正面打ち   ・座技正面打ち
   「同時に起こる 押し切り・引き切り」