月別アーカイブ: 2017年3月

「石橋キャンパス研究会立ち上げにあたっての覚書」 菱田伊駒

「石橋キャンパス研究会立ち上げにあたっての覚書」   菱田伊駒

 ここで書かないと次に進めない、というときがある。書く、でなくてもいいかもしれない。とにかく、自分の外に出して、人に眺めてもらえる形にすること。声に出す人、絵にする人、メロディにする人。色々な形があると思う。そういう時は不思議なことに、他人にどう思われるとか、そういうことが気にならなくなる。やけくそとも少し違う。どちらかというと、「しょうがない」という諦めの感情に近い。ぼくはこう感じていて、こんなことを考えていて、言葉にしてみるとこのようにしか表現できない。そういう形で外に出しているので、それについて色々と言われても仕方ないし、甘んじて受け入れよう。

そういう時、他人の目は気にならなくなる一方、他人自身ことが気になる。「自分がどう思われているか」から「あなたはどう思うか」に変わる。あなたにぼくの考えは伝わっているのか、それで少しでも感情は動いたのか。その変化はあなたにとってどんな意味をもつのか。聞かせてほしいと思う。

::::::
「石橋キャンパス研究会」を始めようと思った動機は何だろうか。地域活性化とか、商店街とか、そういうのはどうでもいいのだと思う。どうでもいいというか、偶然の要素に過ぎない気がする。世界線が違えば舞台は都市だったり、農村だったりしたのだと思う。これらの要素は歴史の偶然なんだろう。もちろん、ぼく自身も偶然の産物ではある。「ぼく」というのもはっきりと分からない。ただ、「ぼく」として指し示される意識が「ぼく」だったとすると、どんな時代のどんな場所に「ぼく」が生まれたとしても、これから始める活動とそんなに変わらないことをするのだと思う。そういう幻想を持てるのは不思議だ。
世の中には、出会ったことのない人がたくさんいて、その人たちの、聞いたこともない、見たこともない考えが山のようにある。その痕跡を、本や、映像から少しだけ覗き見ることができる。そういうものにもっともっと出会っていきたい。そういうことなのだと思う。そして、もう1つ大切なのが、それを誰かと共にすること。随分な寂しがり屋だなぁと思う。でも、嘘やごまかしを抜きにして、その人自身と意見を交わし、互いの時間を編み上げてみたい気持ちがある。

::::::
 商店街にどっぷり浸かっていると、人間関係がどうしようもなくつながっていると感じる。何かをしようと思った時、すでに出来上がった網目の上を動くしかないような。誰に協力を仰いで、どういう手順で物事を進めていくかが決まっているのだ。でも、本当にそうだろうか。今、ぼくはむしろそういう関係を断ち切りたいと思うようになっている。断ち切りたい、そう言うととても冷たく映るかもしれない。ただ、それは馴れ合いが嫌いだというだけ。関係を持ちたくないわけではない。むしろ、気になっている。気になっていなければこんな文章は書かない。関係を持つため、人間関係を接続するために、切断する。そういう逆説的なことがあると思う。もう一度出会い直したいからこそ別れる。別れるからこそもう一度感情を交わしたいと思う。だから、冷たいという評価は全くの間違いで、どうしようもなく湿っぽいのである。

人と人のつながりが絶えて久しいと言われる。人と人が出会う場が必要だと言われる。それは確かにそうだ。見知らぬ者同士が出会い、言葉を交わし、互いに刺激を受ける。そういう場所は必要だと思う。しかし、見知った者同士が、互いの関係を見直せるような場も必要だと思う。見知らぬ者同士が見知った仲になれる場、見知った者同士が、見知らぬ仲になる場。 

相手が見知った相手でも、それが子ども相手であってもはっとさせられる瞬間がある。最近のこども哲学カフェの一幕。小学生高学年の男の子。
「みんな、本当は多重人格やと思うねん。表に出てるのは冷静なやつやけど、その後ろには怒ってる人とか、悲しんでる人とか、面白い人とか、そういうのが色々おって、表に出てきたり出てこなかったりするねん。」
「相手が怒ってたら、それに反応して俺の中の怒ってるやつが冷静なやつをつぶしちゃうねん。その時は、表が入れ替わるっていうより冷静なやつが怒ってるやつにつぶされちゃう感じ。」
「でも、冷静なやつも、面白いやつも、何も表に出てないやつもおる。そういうやつは何もなくて、無っていうか、無関心な感じ。」
「長いこと付き合ってると、その分感情の量みたいのがたくさんたまってくるから。嫌なことがある分、いい感情の量も多いから、それでまぁいいや、みたいに思えたりするねん。」
普段は一緒に騒ぐだけの仲でも、ふっと違う子の顔をしている。そういう時、あぁ自分はこの子のことを何も知らないのだ、と思う。どんな経験をして、何を感じてきたのか。聞いたところでその断片しか見ることができない。

友人や、友人とも呼べないような知人。同僚。なんとなく、「この人はこんな人だ」と思うことはある。それは、ぼくの思い込みにすぎない。わかっているつもりで、そういう仮で貼ったつもりのラベルを、いつの間にか本物だと思い込む。

::::::
 先日、ヴィクトル・シロフスキーの「異化」という考えを教えてもらった。慣れ親しんだ日常的な事物を奇異で非日常的なものとして表現するための手法、のことらしい。ここまで、ぼくは他人と自分の関係の切断についてしか書いていない。しかし、ふと気づく。自分自身に対しての切断もあるのではなかろうか?見知った関係を切断し、見知らぬ関係に変えることが重要なように、知っていると思う自己を、突き放すことも大事ではないだろうか?自分が自分でなくなっていける場は、自分が自分らしくいられる場と同じくらい大事ではないだろうか?

どこにいても、何をしていても周囲にあまり馴染めない気持がいつもある。5センチくらい周囲から浮いている感覚。だからとかして地に足をつけようとする。周りと違わないよう、恐る恐る発言する。行動する。それも疲れるので、できればそういうことを気にせずに過ごせる場。それが、居心地の良い場だと思っていた。自分が自然体でいられる場所。自分が自分らしくいられる場所。でも、それでは飽きるのだ。居心地の良さに。自然体の自分に。同じようなメンバーで、同じような話題を、同じような表情で話す。もっと違う表情をそれぞれができるはずで、違う表情を隠しているがそれが表に出る機会がない。考えも変わらない。ただただ、つまらない。

成長とか、そういうことではない。成長は同じ直線状を動いているに過ぎない。それはつまらない。変容が必要なのだ。質そのものが変わってしまうような変化。ポジティブでもネガティブでもかまわない。変容したとき、人の顔が変わる、声の響きが変わる、動きが変わる。変容は、狙って起こりはしない。気づくと変わっている。向こう側からやってくる。だから、大切なのは待つこと。リラックスして待つこと。変化を受け入れる用意をすること。本当の意味で自分らしくいられるということは、同時に、自分が自分でなくなるきっかけなのだと思う。

見知った人間同士が、もう一度「知らない仲」になれるような場。見知った自分が、見知らぬ自分になってゆくような場。「知」を通してそのような変化の往来が活発化するような、そんな場を出会った人たちと共につくっていきたい。
(以上)

稽古体験をメールで希望された方へ

3/6に、稽古体験ご希望のメールを、問い合わせ欄から清道館 あてに送信くださった、Kさん。
ご記入くださったメールアドレスに返信いたしましたが、アドレスのどこかが間違っているようで、何度送っても送信されずに返ってきます。
ご連絡の方法が他にないので、すみませんがここからお知らせいたします。
お手数ですが、アドレスをご確認いただき、再度お送りくださいますか?
または、稽古体験をご希望でしたら、ご都合のよい稽古時間に直接道場にいらしてくださってもかまいません。
いつでもどうぞ(^^)

井上

「傷だらけの天使」(2017年3月1日 井上英作)

おそらく、一番、繰り返し観ているドラマである。そのドラマとは、「傷だらけの天使」のことだ。主演は、ショーケンこと萩原健一、水谷豊、岸田森、岸田今日子という個性的な俳優が脇を固めている。特に、ショーケンが好きなわけでもなく、水谷豊の熱烈なフアンでないにも関わらず再放送があると、必ずと言っていいぐらい、このドラマを繰り返し観ている。

このドラマは、1974年、つまり僕が9才の時に日本テレビ(10CH)で土曜日の22時から放映されていた。その頃の僕は、夜更かしをしたくてたまらなく、毎日のように親から早く寝るように言われては、親に隠れてこっそりと「プレイガール」を観ていたのだが、なぜか土曜日の夜に限っては、親は寛大だった。土曜日の夜のテレビのラインナップは、19時半「仮面ライダー」、20時「8時だよ!全員集合」、21時「Gメン75」と夢のようなものだった。そして22時からは「傷だらけの天使」である。

このドラマは、いまでもたくさんの記号が伝説となり、後世に伝えられている。まずは、あまりにも有名な、オープニングのシーン。井上堯之の軽快な音楽をバックに、ヘッドフォンをしながらゴーグルを付けて寝ていたショーケンが、朝、目覚めて、朝食を摂る。新聞紙をナプキン代わりに首からぶらさげ、トマトを丸ごと頬張り、牛乳瓶の先っぽを器用に吸い出して紙蓋をあけ、そして最後は、「これ」を食べる。こどもの僕には、「これ」が何なのか、さっぱりわからなかった。ようやく大人になって、これがコンビーフだということを知る。

次に、何と言ってもいつも髪をリーゼントで決めている水谷豊の存在。若い人たちにとっての水谷豊は、おそらく、ドラマ「相棒」の杉下右京だろうが、僕にとっての水谷豊は、映画「青春の殺人者」、ドラマ「俺たちの勲章」で演じた孤独な殺人犯でしかなく、この作品では、ショーケンに対していつも「アニキ~」と甘えるダメな男の役を見事に演じた。

それ以外にも、ショーケンのファッションを提供した「BIGI」の洋服、岸田今日子扮する綾部の事務所でいつもレコードプレーヤーから流れる不気味な曲「マヅルカ」(寺山修司作のNHKドラマにBGMとして使われていたらしい!!)、岸田森のカツラなど、あげればきりがない。

では、なぜ、僕はこのドラマを飽きもせず、繰り返し観るのだろうか?その理由が、僕自身にもよくわからなかった。しかし、ラカンの言葉にあるように「問いが発せられた瞬間に、すでにその答えは用意されている」のである。それは、この問いについて考え始めた途端に、答えらしきものがみつかったからだ。それは、ほんの偶然(=必然)によるものだった。

先日、この「問い」のことをぼんやりと考えながら、なにげにPCを観ていると、尊敬する映画評論家、町山智浩の「映画塾」というサイトを見つけた。そこで、映画「仁義なき戦い」について、いつもはニコニコしながら語る町山が、このときは珍しく熱く解説をしていた。町山によると、この映画は、政治の映画だそうだ。さらに町山は続ける。社会に出ると、金子信雄扮するダメな親分「山守」のような本当の「悪」が存在し、その「悪」の前にたくさんのものが失われていくことを、この映画は描いているということだった。町山は、サラリーマン経験があるそうで、そのときの経験談によると、彼は骨身を削り、一生懸命仕事をしながら、目の前の「悪」(=上司や会社)と戦ってきたが、その悪を結局倒すことができず、会社を辞めたそうだ。

僕は、この解説を聞き、目の前が急に明るくなったような気がした。

このドラマの設定では、修は中卒、亨は小卒である。大学進学率が上昇していくなかで、この二人の学歴の設定は、こどもだった僕でも違和感を覚えた。また、二人が住んでいるビルの屋上のペントハウスのようなプレハブも、近代化していく東京の高層ビルが立ち並ぶまわりの風景になじまない。さらに、このドラマは、どこか時代に取り残されたような人物がゲストとして登場し、そして、彼らはやがて消えていく。第7話「金庫破りに赤いバラを」で、川口昌は殺され、第10話「自動車泥棒にラブソングを」で、小松政男は逮捕される。第12話で、修は辰巳(岸田森)にこう言い放つ。「約束を守って死んでいった男の気持ちが、おまえには、わからないだろう!!」「あぁ、わからんね。バカな奴だ」。修は、そう言い放つ辰巳の胸ぐらをつかみ、顔をにらみつける。主人公の修(ショーケン)と亨(水谷豊)は、時代に取り残されようとしながらも、必死で動かしがたい「大きなもの」(時代、権力、悪…)に抗いながら懸命に生きている。このドラマが放映された1974年というのは、僕は実質的に戦争が終わった年だと思っている。戦後処理をめぐり、安保闘争に敗れた多くの若者の命が失われ、そして世界とつながった日本はオイルショックにより大きく傷つく。そこには、戦争に負けたかつての日本はいなかった。時代は、大きく変わり始めていたのである。

僕が、このドラマをこの年になっても繰り返し見るのは、僕の中にある、いつまでたっても消えない「こども」の部分をくすぐられるからではないだろうか。

今、BS12、火曜~金曜、夜の9時から何度目かの再放送が放送されている。今晩も、酒を飲みながら、修や亨に会えるのを楽しみにしている。