2019年 春合宿(凱風館 @神鍋)

2019年凱風館春合宿が終了。
清道館からは、5名が参加し、うち女子1名、男子2名が昇段審査を受けて、全員無事、初段になりました。
おめでとうございます。
清道館では昇級審査もほぼ終わり、2019年春の審査は(体調の関係で受けられなかった1名を残し)完了。
毎回思うことですが、特に今回の初段審査では「よくここまでになってくれたなあ」という思いでいっぱいになりました。
みなさん、よくお稽古しました。おつかれさまでした。
初段になったということは、あなたは初段の実力があります、という保証ではなく、これから初段に相応しくなるよう稽古に精進してください、そのスタート地点にやっと立てましたね、ということです。もちろん、弐段も参段も全部同じ。
だから、私は初段です、初段の合気道ができるから黒帯もらえたんです、なんて思ってはいけませんよ。
黒帯に恥じないような実力を、あくまでも自分のペースでよいので、つけて行くことを「一つの」目標において、益々稽古に精進してください。
よろしくお願いします。(すでに初段、弐段のみなさんも、です)

今回の合宿、内田先生の稽古のテーマは「皮」だった。つまり皮膚のことである。
面白かった。皮膚が体感に通じている。明らかに通じている。
少し前から清道館でもこのテーマで稽古しているけど(「指紋」とか)、
あれこれ面白い発見の連続だった。
続きはまた道場で。

一番みなさんに伝えたいと思ったのは、
「相手に自分が思う通りに動いてもらうには、相手の体を丁寧に扱う」ということ。
多田先生はこれを「ストラディバリウスのような上等の楽器を扱うように」と表現される。
内田先生は続けて「敬語とはそのためにある」と仰った。達見である。

ぞんざいに扱っては壊れてしまう古い上等な楽器は、丁寧に扱い正しく弾くと、よい音、素晴らしい響きを出してくれるのだ。
人間も同じ、合気道も同じ。
よく言われることの一つではあるが、忘れないよう。