月別アーカイブ: 2015年12月

12/27(日)稽古納め 阿波座

2015年も残すところあと数十分となりました。
日ごろの掃除無精のせいで、大みそかに日が暮れるまでゴシゴシ。
ぎりぎり滑り込みで、年内の稽古日誌を書かんとパソコンの前に。ぜいぜい。
さすがに年末はスケジュールがタイトで、日誌書けませんでした。
いえ、稽古だけで忙しかったわけではなく、打ち上げやらエゴ・ラッピンやら納会やら納会2やら餅つきやら同窓会やら、要するに遊ぶのにもたいへん忙しかったのであります。ま、殆ど毎日が飲み会。
飲み過ぎて記憶をなくすという、武道家としてあるまじきことを、この年末は何度もやってしまいました。
お世話になったみなさま、また泥酔した井上に暴言を吐かれたというみなさま、この場を借りて深くお詫び申し上げます。
今回は相当反省しましたので、どうかお目こぼしください。

23日 中津 二部制 
  一部 剣・杖 四方切りの剣、組太刀、一の杖組み杖
  二部 体術
24日 石橋 
27日 阿波座 稽古納め

今週は正面打ちシリーズ
20日  裏へ入り身して線をはずす
23日  表へひとえに足を捌いて線をはずす
24日  打たれる前に裏に入って制す

で、最終日27日の稽古納めは、正面打ち一教返し技
(取りが先に正面を打ち、受けが一教をかける→取りが一教で返す)

まずは一教を受けがかける→取りが返す
の表と裏。

返す、為には、受ける方が自分のバランスを常に取っていなければならない。
返せる位置に足と体軸と正中線がないとまず返せない。
まんぜんと受けてしまっては返せない。
いつでも、すきあらば返す、ということを前提として受けるのと、ただ受けるのでは、体軸のポジション、正中線の取り方、足の位置、全てがまったく異なることがわかる。
いかにいつもは、「受けの為の受け」をやっているかがよくわかる。

一教を互いに
取り合う、通称「くるくる一教」と呼ばれる稽古があるが、
これの『裏&表』バージョンを思いついたのでやってみる。
一教裏→返・一教裏
を通常は受け取りで繰り返すのだが、
一教表→返・一教表→一教裏→返・一教裏
と、表と裏を交互に繰り返すというもの。

裏だけの「くるくる一教」すらやったことない初心者もいて、少々困った様子だけど、これ面白い。

で最後に、一教表・裏、固めまで。

返し技からの四方投げ
相手の懐に内回転的に入る。
裏が遠くて、ちょいと難しいですね。

同じ入り方で天秤投げ

同じ入り方で、入り身投げ、上段・下段

内回転に入らず、返してそのまま入り身へ入る入り身投げ
で、最後はシンプルに、気持ちよく豪快に投げあって、2015年の稽古納め。

みなさん、一年間お稽古おつかれさまでした!
この、「一週間同じ取り手シリーズ」は結構面白くて、当面はまりそうですのでよろしくです。
新春は何で始めようかなー、わくわく。

そのまま我が家で納会。
体験稽古の留学生も来てくれて、大いに盛り上がりました。
みなさん、ありがとう!
また来年も楽しく稽古しましょう!

広告

12/20日曜日 阿波座

たまってきたので、取り急ぎやった技を覚えているうちに

【一部】
剣 
振る、回す、
四方切り

杖 
一の杖、基本、A,B
組杖

【二部】
正面打ち
入り身に入る足の稽古
入り身投げ
小手返し
入り身に入ってから手を下からはね上げて四方投げ、
入り身に入ってから手をかけて一回回してからの一教
入り身に入って天地投げ下段
入り身に入って天地投げ上段

12/19土曜日 中津 

土曜日の夜の稽古を、上級者向けの稽古にしようと思います。
武器を使った技など、普段できない稽古に少しだけ特化してやっていきます。
もちろん、初心者も誰でも参加してOK。

今日は短刀取り

短刀の下からの振り突きは基本、中段突きと同じだが、相手が手に短刀というなまなましい実体を手にした途端、より恐怖感が生まれ緊張してしまう。
相手や手元の武器を見ない、などの目付の注意点は他の技でも同じ。
全体を見る。シンプルに無駄なく足を捌く。

内に入る、外に入る、外に入って転換

の三つの足捌きをまず稽古。

外に入って入り身投げ、小手返し
内に入って一教、四方投げ
内に入って天秤投げ

12/17(木) 石橋

中国人の留学生が見学体験にやってきた。
流暢な日本語、上品なものごし。
日本文化にたいへん興味があるという。
ご実家は内蒙古だそうだ。
日本の合気道の面白さが少しでも伝わったらうれしいな。

一昨日の清道館も、木曜朝の凱風館も両手取り。
清道館中津ではたくさん技数がこなせない、と愚痴りましたが、今日も引き続き両手取りで。
こういうのもいいかもしれない。
一週間、ずっと両手取り、とか。
一週間かければ同じ取り手でたくさん技ができるし。

天地投げ二種類。
転換を入れると、相手が動く。
動きの中で
天地投げ下段

四方投げ 手を引掛けて、剣をふる
四方投げ 手を取る

一教 「あ、一教やろう」という内田先生の説明を試す
目付のこと45度
外回転投げ 手の巻き付け

外回転の手の巻き付けがみんな苦手です。
柔らかく、鞭がくるくるっと巻きつくように。
他にいい喩えがないかな。

12/16(水) 中津

質の高い稽古をもちろんしたい。
今の自分にできる限りの。
多田先生がイタリア合気会を立ち上げられたとき、人を増やして組織を大きくするよりも、とにかく質の高い稽古をする、ということを大きな目標のひとつとされた、ということを仰っていた。

「質が高い」稽古とはなんだろう。
毎日、質の高いものを目指してやっていて、今日は質の低いことをしよう、はない。
自分としては精一杯やるしかなくて、質が低いか高いかは他者、私以外の人が思うこと。

稽古場を立ち上げて三年目、自分が凱風館で助教として担当したり稽古場で指導する稽古数を含めば、稽古量はそれ以前より圧倒的に増えた。
今思うのは「質」の高さは「量」に担保される、ということだ。
少し前にプロのバレエ教師である友人とそんな話になった。
彼女もまったくそのとおりだと思うと言っていた。
映画監督の園子温もテレビのインタビュー番組で同じことを言っていた。
量産し、走り続ける中で、ぽろりと凄いアイデアや、ふっとクオリティ高い映像が撮れる。
そんな感じ。
どんどんやる。わからなくても、間違っているかもしれないけど、理屈は後で考える、とにかく身体を動かして稽古する。
毎日、とにかく四の五の言わずに稽古しているうちに、ふっと回路が開くことがある。
ぱっと光のように射すのは、たいていそういう時だ。
悪い頭でうんうん考えたりもしてみるが、大したものは出て来ない。
身体がどんどん動いて、脳が動きだす。
身体は「動かしているうちに動く」。
稽古は「質」より「量」である、
とまでは言わないけど、「質の高いもの」を「量」やる。
「量」から「質」が生まれるのだと。

中津
平日の夜の稽古は、会社帰りの門人も多く、稽古が始まってからぱらぱらと集まりだすことが多い。
今日は少ないかな、と思って畳を少なめに敷くと、後で人が増えて狭くなり、途中で畳を増やしたりすることも。
畳は増やさなかったが、そんな水曜日。

両手取り
天地投げ
天地投げはつくづく難しい技だと思う。
今朝の内田先生の稽古も両手取りで、先生が「天地投げってほんとに難しい技なんだよね」と仰って、大きく頷いた。
多田先生の体感を思いだそうとするけど、残念ながら覚えていない。
先生の両腕がふにゃりと柔らかかった、その手のうちの感触と、投げられた感はなくて、気が付いたら畳にのめり込んでいた。
という記憶だけが体感として身体に残っている。
よく言われるように、投げられた感がないので、どう投げられたのかよくわからないのである。
上等な技とはそういうものであり、多田先生の合気道がいかに質の高いものであるかは、つまりそういうことなのである。
そういう天地投げを、目指して今日もたくさん稽古する。
全然上手くいかないけど、めげないで何度も投げる。
そのうちふっと、これだ!!という投げが出来る日が来るかもしれないし。

両手取り
入り身投げ 投げるのではなく切る
アーチを作ってパカッとはめるように入り身に入り、アーチのまま腰の回転、体重移動。
前傾しないこと、かかとを浮かせない、といった細かいことをつい指示してしまう。

四方投げ
一教
外回転からの十字絡み

ちなみに内田先生の朝稽古では加えて二教裏、小手返し上段・下段、外回転投げなど。
技数をこれぐらいこなすには、最初の一時間の準備運動や呼吸法をもっと短くしないといけない。
いつも時間が足りない。
悩ましいことである。

内田先生は技の説明ではあまり細かいことは言われない。
今朝なんて、

突然「あ、一教しよう!」と思いつく。
テンポを合わせない、タイミングをずらす。

内田先生のお稽古では、毎回のようにびっくりするような理合やメタファーが飛び出すが、最初から今日はこれで行こうというのではなく、やってる途中で思いつかれると仰っていた。なかなか自分に真似できるレベルではないが、かといってあれこれ考えて用意していると、きれいにまとまるけどつまらなく終わる。
さっきの話に戻るようだが、やっぱりそうなのだ。やってるうちに出てくるものこそ面白い。「生もの」なんだな。

にしても先生、高度すぎます。

12/12(土) 中津

土曜日、凱風館の二部制ロング稽古は、後半になると集中力が落ち低血糖になる。
直会のおつまみの残りを口に放り込み、内田先生の稽古を途中で切り上げて中津へ。
なぜか誰も来ないような気がして、一人稽古のメニューを道中考えながら着くと三人きていた。
珍しく清道館メンバーだけで畳を敷き始める。

体操
呼吸
剣を振る

合半身
四方投げ
入り身に入る
入り身投げ
小手返し
一教
天秤投げ

内田先生の「目的」の話。
動きには目的が必要。
ここで言う目的とは、今自分の腕を掴みに来ている相手の腕をどうにかして投げてやろう、崩してやろう、という「目的」ではない。
お茶碗を持ってご飯を食べる、筆で字をかく、絵を描く、誰かに呼ばれて振り向く、といった、日常動作的な、無意識的な動き、目をつぶっていてもできるような動きをするときの、身体の「外」に置く目的のことである。

掴んでくる相手の腕に対して、それをこうしてやろう、という意識的な動作では、自分の腕などの意識できる部位や筋肉を使う。
しかし、ご飯を食べるとか、字を書くといった繊細な動作や、あっと振りむくような発作的な動作では、どこの部位や筋肉をどう使おうという意識はしないしできない。ところが実は全身が使われていて、この時、意識下に登らない体幹の強い筋肉も動員されている。全部が「適切に」動員されているのだ。内田先生はそれを「非随意筋」、前者を「随意筋」と表現された。うまいなあ、と思う。
相手を投げよう、とすると随意筋しか使えない。字を書こう、とするとき非意識下の非随意筋が総動員される。

韓氏意拳でも繰り返し示され、教えられる通り、後者のほうが圧倒的に強い。
目的を外に置くことを韓氏意拳では「気持ちが向かう」と表現される。
韓氏意拳では、外部からの入力(相手が掴んでくる、打ってくる)と拮抗すること、対立することを徹底的に排除する。対立すると、対立を感知した部位だけががんばる。そうすると他の部位が動員できないので弱い。
他の部位を動員するためには、目的を外に置く、つまり「気持ちが(外に)向かう」ことが重要だということだ。

その時身体のなかで起こる感覚を捉え、身体に覚えさせるという意味では、こういったメタファーや喩えはとても有効である。
喩えやメタファー抜きには技の説明は難しく、私の稽古は成り立たない。特に新しい技や理合、その感覚を伝える時、特に初心者に向けてはとても有効だと思う。
しかし、一瞬一瞬変化する技のなかでその都度、お茶碗や字を書く、誰かに呼ばれる、といったシチュエーションをいちいち想定できるだろうか。メタファーとはあくまでも、正しい感覚に近づき、身体が覚えるための手がかり、分からなくなった時の道しるべでしかないと思う。
その危険性を韓氏意拳では「意念」として良しとせず、「気持ちが向かう」のとは区別して注意を促しているのではないかと思う。
「意念」(メタファー)に頼る、と「気持ちが向かう」の違いは難しいと思う。

そこで頼りになるのは、合気道の場合、繰り返すようだが剣・杖にその糸口があるのではないかと思う。
もともと剣・杖から発生した合気道の技を、遡って再びそのルーツに解体していく。
もともとの動きに戻ってみる。
このところ毎日しつこく剣を振っている。
「お茶碗を持ってご飯」と、「剣の切っ先にマイクロレベルの振動を起こす」では、前者の方はよりイメージしやすい分、技の身体動作に還元するという過程が一つ入るように思うが、後者はそのまま技の身体運用にダイレクトに繋がるように思う。つまり話が早いのではないか。
話が早いかどうかはもちろん重要ではない。要は、いつどんな入力が来ても「正しく理想的な状態」に身体がぱっとなる、ということが重要で、そのためには、剣・杖を使う感覚に戻す方が、よりオリジナルに近いのではないか。

などと勝手に考えて、日々いろいろ試している。
トライ&エラー